FC2ブログ

Mikiのハッピー♡エッセンス

☆ チャネリング、スローヨガ、カウンセリング、メンタルセラピー、ソウルヒーリング等の <体験談> をわかりやすくお伝えします ☆    ♪ 知ってお得な <健康&美容ニュース> もお楽しみに♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

<メモリアル・ヒーリング> 愛するお母さん、ありがとう!

    MPj04221050000[1]
 
 虹 亡くなった母のメモリアル・ヒーリング体験談 虹

            
                       2009年4月8日 久住 美花 ( 38歳 )


● 友人の紹介で、美樹先生のチャネリングを受けた時、
 「お母さんへの囚われが強い」・・・と指摘されました。

 私の母は、去年亡くなったばかり・・・。
 母の人生は、病気の連続で、 私を妊娠した時も
 「体の負担を考えておろすように」・・・と言われたそうです。
 周囲の反対を押し切って、薬を止めてまで
 私を産んでくれた母。

 その後も 「入院→手術→退院」 の繰り返しで、
 体中手術痕だらけで、身障者になってしまった。
 そんな母を 父は40年間、献身的に介護してきました。

 男の子を期待されて生まれたはずの私は、姉に続いて、また 「 女の子 」。
 やんちゃな性格で、、出来のいい姉といつも比べられて
 コンプレックスだらけで育ちました。

 
「私を産んだせいで、お母さんの病気がひどくなった。」
 という罪悪感がありながら、自分を認めてほしくて 反発ばかりしていました。
     

● 母の面倒をみたのは、 “ 最後の5~7年 ” だけ。
 特に亡くなる前の半年は、これまでの償いを込めて、全てが “ 母中心” の生活。
 とことん尽くすことができた <最高の時間> でした。

 母が亡くなった時には、「十分やりとげた満足感」があったし
 スッキリしているつもりでした。
 だから、美樹先生から 「 お母さんに囚われている。 」と言われた時、意外でした。
 でも・・・、考えてみると、私の人生はずっと母中心だったような気がしました。

 母が亡くなった後・・・、「次に何を頑張ればいいのか?」
 よくわからない自分がいたからです。 
     

● 亡くなった人の魂と対話ができる “ メモリアル・ヒーリング ” の話を聞いて
 「ぜひ、受けたい!」と思いました。

 生前、お母さんに聞きそびれたことを聞きたいし、たくさん謝りたい。
 産んでくれたお礼も言いたい。
 お母さんの62年の人生が、幸せだったのか知りたい。


 一週間後に予約をして、帰りました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


花 メモリアル・ヒーリング当日 花

● 母と対話できるチャンスを与えて頂いた幸せ、楽しみを
 胸いっぱいに、その日を迎えました。

 「 お母さんの好物を用意してくるように。 」・・・と言われていたので
 何日も前から、出来るだけ美味しい物を探して準備しました。
 カニ、お寿司、いちご、高級みかんの「せとか」etc.......。

 机いっぱいに並んだ好物を見て、
 “ 母の魂を呼んで下さる川上先生 ”と、“ アシスタントの美樹先生 ”が
 「 頑張って揃えたね~! 」  と感心していました。(笑)
 
     ダウン

星 ヒーリングが始まる!

● 「 本当に母と対話できるのか? 」・・と半信半疑な気持ちもありました。
 でも、そんな不安はすぐに吹き飛び、
 「 ここに、お母さんの魂が来てくれている! 」 と実感できました。

 何故なら、美樹先生が知るはずもない情報が
 「母からのメッセージ」 として、次々と自動書記されるからです。
 その内容も言い方も “ 母らしい ” ・・・というか、 “ 母そのもの ” で
 嬉しくて、つい笑い出してしまいました。

     ダウン

えんぴつ♪ 母の魂の思い & 家族へのメッセージ (*美樹先生による自動書記)

 安らぎが足りなかった。
 「 私の為に 家族を不幸にしてはいけない 」と思って
 できるだけ我慢して、 一生懸命生きてきました。

    母は本当に我慢強い人でした。
    家族が気付いた時には、すでに限界で   
    「 即入院→長期入院治療・手術 」 のパターン。
    気づかれないように一人リハビリをする人でした。


 私が死ぬと、子供たちが悲しむから
 長生きして、少しでも母としての役目を果たしたかった。
 家族を大切に思う気持ちは、誰にも負けません。
 愛する家族を守るため、一生懸命つくしてきたつもりです
 
 皆に心配かけないで 健康に暮らしたかったけれど、
 気苦労かけてしまって、ごめんなさい。
 具合が悪い時、みんながハラハラ心配するのが 伝わって
 また心配かけてしまう自分が 情けなかった。


     「 母の病気にどう対処するべきか? 」 ・・・家族で話し合いをしました。
     今思うと、母の顔は落ち込んでいたと思います。
     母への配慮が足りなかったことに 気づかされました。


 一人で病院にいると、 すごく寂しかった。
 そんな時、あなたがお見舞いにきてくれて、とても気を使ってくれて励まされた。
 あなたの顔を見ると、安心して、小さな子供みたいに甘えてみたり
 わがままを言ってみたりしたものです。 
 「 どっちが母親かわからないねー。 」 と思っていました。

 お母さんは、皆に愛されて、とても大事にしてもらったし
 自分も できる限りのことをしてきたつもりだし
 長くは生きられなかったけれど、悔いはありません。
 そのことを あなたに分かって欲しかったのです
 「 お母さんは幸せでしたよ。 」 ・・・それに気付いてほしかったのです。

 苦しいことよりも 「 皆で過ごした幸せな時間 」 の方が
 ずっと 思い出に残っています
 信じ合って、愛のある家庭でした。
 その思いを胸に、お母さんは天国へ行きたいです。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

     MPj03999220000[1]

ラブレター  母に書いてきた手紙を読む 

                       美花より

 お母さんへ・・・。
 私を無理して産んでくれてありがとう。
 すごく苦労して産んでくれたのに 手の掛かる子でごめんね。
 お母さんに私を見てほしかった。
 だから、お姉ちゃんとは違うタイプの私を 強調していました。

 高校入試の時、遠方の高校に行ったら
 2人暮らしをする覚悟でいてくれたこと、嬉しかったよ。

 短大に入って問題を起こした時も、事故を起こした時も
 私を責めず、お父さんと2人でケンカする姿を見て
 親の在り方を感じました。

 それなのに…、家出したり、仕事を勝手に辞めたり、本当にごめんなさい。
 あの家出で、お母さんの病気を悪化させたと思う。

 そのくせ
勝手に結婚して、1年で離婚して、
 生まれてから20代後半まで、お母さんを苦しめることばかりで、ごめんなさい。

 子供の頃・・・、
 お母さんが作ってくれるケーキやパンはおいしかった。
 風邪で寝込んだ時、少しでも口に入れるようにとくれた手作りのお菓子・・
 今思えばフィナンシェだった。
 だから、今も大好きなお菓子なんだよ。

 お母さんの手作りの服も 自慢だったよ。
 保育園の時、ベストの背中の大きな刺繍は
 「 すごい! 」って、先生達に囲まれたんだよ。

 うちの家族は特別だったね。
 いつも日曜日は家族で出かけて、
 私、高校まで友達と遊んだことなかったもん。
 行き当たりばったりのドライブで、大阪まで行った時
 「 うちの親はすごいな~ 」と思いました。

 30代になって、少しずつお母さんとの距離が近づいて嬉しかった。
 私のほうを見てくれたことが嬉しかった。
 お父さんと3人で色々出かけて、楽しかったね。

 お母さんが倒れてからの半年間…、

 私なりに頑張ったけど、不機嫌な顔をしてしまったこと
 今でも後悔しています。
 でも、お姉ちゃんと仲良くなれて良かったです。

 お母さんのおかげで、人に優しくなれました。
 家族の絆を学びました。たくさんのことを学びました。
 手術で精神的に参って当然の状態なのに 気丈でいたお母さん。
 患者なのに 先生方や看護婦さんに元気を与えていた。
 本当に尊敬します。

 私はヘタレだから、お母さんみたいになれるかな?
 がんばらなくちゃネ。
 本当に産んでくれてありがとう。
 お母さんの子供で良かったです。
                             



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

四葉  母への質問

● 「美花のこと愛していた? 産んで良かった? 」 と尋ねる・・・。

  お母さんはあなたのことをとても愛していました。
  私の大切な子・・・。
  お母さんは、あなたのことが大好きで、自慢の娘なのです。
  あなたの気持ちに気付けなくて、ごめんなさい。



☆“母の好物”を アシスタントの美樹先生に食べてもらう。☆

     美樹先生の“食べ方・選び方”が母そのものだったので
      嬉しくて、ずっと笑っていました。
  
     お寿司は、好物のウニとイクラを真っ先に食べたし、
     一番のお気に入りのカニのボイルは、全部たいらげてくれました。
     美樹先生が・・・、
      「 お母さんは、本当はカニ鍋が食べたかったみたい。 」
     「 カニ鍋を山盛りいっぱい、一人で食べたかったみたい。」
     と言ったので、驚きました。
     母は、昔からその通りのことをよく口にしていたからです。
     
      亡くなる数日前も
     「 退院したら、お腹いっぱいカニを食べよう!」と話していたので
     今回、先生の体を通して食べてもらえて、嬉しかったです。


● 「お父さんに伝えたいことある? 」 と尋ねると・・・。

  あなたは私にとって最高の夫でした。
  私みたいに手の掛かる女と 添い遂げてくれて、本当にありがとうございました。
  私の命はつきましたが、あなたの幸せを天国よりお祈りしています。

  お父さん・・・。寂しそう・・・。元気ない・・・。それが気掛かりです。
  何か趣味でも見つけて、楽しく過ごして欲しい
  ゴルフに行ったり、外で解放的に遊んでください



● 川上先生が、「 お母さん、そろそろ天国に行きましょうか?」 と声をかける。

  お父さんが寂しがっているから、もう少し側にいてあげたい。
  思い出の写真とか、色々見て、私のことばかり考えています
  お父さんに話しかけてあげて。
  いつも一人で寂しいのです。


      そういえば、実家に帰った時・・・
      父が「母との思い出」のアルバムを作って、
      懐かしそうに 嬉しそうに 見せてくれました。
      気付かなかったけど、父は寂しかったんですね。


  お父さんにご飯を作ってあげて欲しい。
  夜、寂しいのよ お父さんは・・・
  泊まりがけで2~3日行って、美味しいご飯作ってあげてね。


      母は、父の食事を絶対に手抜きしない人でした。
      そういえば、実家には日帰りでしか行っておらず
      父と夕飯を共にすることもありませんでした。
 

● 「でも、お姉ちゃんが、週に1回ご飯作りに行ってあげてるよ」  と答えると・・・。

  お姉ちゃんよりあなたの方が、お父さんに優しくできる。
  お姉ちゃんは、今ストレスでいっぱいだから、余裕がないの。

      確かに姉は、嫁ぎ先での苦労や悩みが多くて
      父を癒す余裕はなさそうです。
      私は父と何でも話しあえる仲。
      だから、私に行ってほしい・・・とお願いしているのですね。

  お父さんに お土産買って行ってね。
  今日も 美味しいお菓子を先生方に買ってきて欲しかったのに・・・。
  お母さんのことばかり考えて・・・
  「 先生たちの分は? 」 って、気になりました。
  帰ったら、先生にお菓子を送ってさしあげてね。
  先生・・、お忙しいのに来ていただいて申し訳ありません。

 

● 川上先生が、「お母さん、あんまり気にしないで下さい」 と話しかける。

  躾ですから。 我が家の。
  他人の家のお茶を頂くときは、お土産を忘れてはいけません


      そうでした!母はお礼をとても大切にする人。
      私が学生の頃、友達の家に泊まる時
      箱入りメロンとお花を持たされたくらいです。
      ここで躾をされるとは、思ってもみませんでしたが
      嬉しくて、何度も謝ってしまいました。


● 再び、川上先生が、「お母さん、そろそろ天国に行きましょうか?」と尋ねると・・・。

  お父さんに会いたい・・・。
  私のために心を痛めて可哀相。
  お父さんには、「自分が幸せになること」を考えて欲しい。

  私のために色々我慢してきたから
  これからは楽しいことを見つけて欲しいです
  「自分だけ幸せになっちゃいけない」…、なんて絶対思わないでください。
  そういう苦しみはもういらないのです。
  私が安心するためにも・・・
  お父さんに明るく趣味に打ち込んでもらいたいです



  仏壇に、「ぼた餅」と「お茶」をお供えしてください。
  あんこときな粉の両方・・・。大きいのが好きです。


      とてもびっくりしました。
      よく家族で食べていた、あんこときな粉の大きなぼた餅があったのです。

      「あんこときな粉・・・、どっちが良い?」と聞いた時すでに
      美樹先生が・・・、「あんこときな粉、両方。」
      と書いていたので、さらに驚きました。
      母は、日本茶が大好きだったので
      いつも「日本茶とお菓子」をお供えしていましたが
      そういえば、「ぼた餅」はまだお供えしてなかった・・・。
 
 
● 川上先生➡ 「お母さん、今までどこにいたのですか?」

  ずっとお父さんの傍にいた。
  まだ、お父さんが心配だから、傍にいてあげたい。
  お父さんが安心したら、天国に行きます。



● 川上先生➡  「では、一旦お父さんのところに戻りましょう。」
           「そして、少し安心したら天国に行きましょうね。」
           「次は、いつ頃お呼びしたらよろしいですか?」 


  お盆を家族と一緒に過ごしたいので、お彼岸頃がいいです。


● 川上先生➡ 「では、またお彼岸にお呼びしますね。」
            「それまで、お父さんのところに行っててくださいね。」


  はい。今日はどうもありがとうございました。
  美花ちゃん、お父さんをしっかり頼みます。


      川上先生は、母の魂を再び、実家のお父さんの元へ送り返して下さいました。
      母の魂が安心して、今度こそ天国に行ってくれるように
      父を癒してあげたい・・・と思います。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

スマイルハート ヒーリングが終わって・・・

● 実家の父に電話をすると、
 翌朝一番に ぼた餅を買い行って、お供えしてくれたそうです。
 「 父は今でも母が大好きなのだ 」 ・・・と感じました。

 週末の3日間・・、早速、泊りがけで実家に帰りました。
 すると父は、また母の写真を持ち出して、思い出話を始めました。
 「母は、このことを心配しているのだ」・・・と思い
 「父が前向きになれるように、週の何日かは実家に帰ろう。 」
 「下手ながらも、手料理を作ってあげよう。 」 と思いました。


● 父は、本当に母が大好きだったので、
 踏ん張ってはいるものの、どこか抜け殻のようで・・・。
 どのタイミングで、「母からのメッセージ」を伝えたら良いものか?
 よくわからないまま、時間が過ぎてしまいました。
 
 最終日、自動書記のコピーを  可愛い箱に入れて、
 仏壇の横に置いて帰りました。
 JRの中から、「 お母さんのメッセージをプレゼントするね。」
 と父にメールして、反応を待ちました。
 すると・・、ずいぶん時間が経って、やっと電話がかかってきました。
 父の声は、涙でいっぱいで
 「 ありがとう…。ありがとう…。大切にするね…。」と
 何度も繰り返し、お礼を言っていました。
 受け止めてくれて、嬉しかった。

 父は、40年間、母の苦しむ姿を見て
 「 どうして、もっと幸せにしてあげられなかったのだろう?」
 と後悔していたようです。
 だから、私以上に、「 母からのメッセージ 」 を深く受け止めて
 楽になれたことでしょう。

 “ 私と母のためのヒーリング ”  だったはずが・・・、
 母は、父ばかり心配していたので
 「 ちょっとズルイ! 」 って思いました(笑)
 

● 9月にもう一度、母とのメモリアル・ヒーリングを約束しました。
 それまで、どれだけ自分が頑張れるかが問われます。
 母と会う時まで・・・
 私の努力で父を前進させとかないと、また怒られちゃう!
 頑張ります!!!

 そして、私も父同様に・・・「 母中心の人生 」が終わったので
 「 自分のための人生 」を 考えていこうと思います。

 本当に幸せな時間を過ごすことが出来ました。
 川上先生、美樹先生、そして紹介してくれた友人に感謝しています。しみじみ ハート キラ


<公式HP>
福岡の占い・カウンセリング・ヨガ・心理セラピーをお探しならセラピーサロンМiKi
TEL:090-5288-2530 営業時間:10:00-20:00
定休日:毎週月曜日

別窓 | ◎メモリアル(故人)・ソウルヒーリング事例 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<<メンタルセラピー事例 ①> 4歳・母への愛情飢餓 | Mikiのハッピー♡エッセンス | <オーガニックコスメ> 半年目の嬉しい発見…!>>

この記事のコメント

そうなんです。お父さんが一番癒されましたね。そして、お父さんが癒されることで、美花さんも安心しますね☆家族はつながっている存在。。。だから、誰か一人が苦しんでいても良くありません。
今回、ヒーリングのアシスタントをして、「お母さんの魂の清らかさ」 に感動しました。長年病気で苦しんでいたにも関わらず、家族への愛情と周囲への感謝を忘れずに生きていた姿が、大変素晴らしかったです。(^o^)❤
2009-05-23 Sat 23:13 | URL | 山下みき #-[ 内容変更] | top↑
大変、感動しましたv-119
お母様の癒しは、お父様の癒しにもなりましたね。亡くなった後に、また対話できるなんて夢のようですが、これを読んで家族の絆が魂によって深く深く繋がっているんだと感動し、涙が出てきましたv-238
2009-05-22 Fri 23:24 | URL | #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Mikiのハッピー♡エッセンス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。